吉川晃司と天海祐希の別れた理由と真相は?

スポンサーリンク



“私がはじめて夢中になった歌手は吉川晃司さんです。
枕元にプロマイド写真を飾っていました。
私の中学時代にいきなり「モニカ」という曲でデビューしてきた吉川晃司さん。
今の若い人は白髪の俳優さん?くらいの感じなんでしょうが、当時の人気はすごくてアイドル系の雑誌に度々登場していたんですよ。
背が高くて、ガッチリした体型は水球の選手だったからです。こんな事も今の若い人は分からないんでしょうね。残念です。

当時、誰でも真似して歌ったであろう「モニカ」は吉川晃司さんのデビュー曲であり代表曲です。

「キスに撃たれて眠りたい」もカッコいい曲でした。
「ラ・ヴィアンローズ」もカッコいい曲だった記憶です。
カッコつけたい男の人がカラオケで歌う定番でした。当時は。
吉川さんて基本的に歌が上手いんです。

スポンサーリンク



それに加えてあの低音のセクシーボイスがまたキュンキュンしてしまうんですけどね。ルックスは特別にイケメンというわけではないけれど、セクシーだったというのはデビュー当時からの印象です。

一時期、無人島に行ってサバイバル的な暮らしをしたり自分を追い込む姿が放送されて「吉川晃司、大丈夫?」と心配されていた時期もありました。

私もそのストイックの行き過ぎは怖かったです。
天海祐希さんとの交際説が流れた時は「お似合いだから結婚してくれー」と願いましたが、願い届かず破局したみたいです。
今では、白髪のダンディ俳優として風格すら感じる吉川晃司さん。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*