森高千里がオバサンになったけど若い頃と変わらない美貌を保っている理由は?画像

スポンサーリンク




90年代初頭、最も人気があった女性歌手と言えば森高千里さんがいました。「私がオバさんになっても」「渡良瀬橋」「風に吹かれて」などのヒット曲を世に出しスター歌手へと上り詰めました。抜群のスタイルと美貌でコスプレでファンを魅了したこともありました。また、ドラムもうまかったので、歌手だけでなくドラムでの活動もしていたようです。当時は夜にラジオ番組を担当していたので、

毎週楽しみに聞いておりました。

飾らずにさっぱりとした語り口で信仰されていたことが懐かしく思い出されます。俳優の江口洋介さんとの結婚は世間を驚かせました。

スポンサーリンク




しかも、結婚後は子育てを優先されていたので、暫くは当時ほどあまり見かけなくなったので寂しい限りではありましたが、近年では復帰されてきて、表舞台で拝見することが多くなってきました。50歳近くになってきたにもかかわらず、スタイルと言い、姿と言い全くおばさんになったという感じはありません。いつまでも若々しい姿でいられるのは日頃の節制の賜物と言えるのではないでしょうか。最近では歌自体が全体的に売れない時代なので、

歌メインで活動するのは大変でしょうが、

是非ともまた名曲を世に出して頂きたいと思います。森高さんの昔の姿をあまり知らない若い世代にも浸透するように今後の御活躍を期待したいと思います。他にも地元熊本県のアピールなどもされているようですので、そちらの方でもさらに活躍されるといいのではないでしょうか。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*