ウッチャンナンチャンに不仲説や解散説があるけど本当なの?

スポンサーリンク




“私が青春時代に最もハマっていたお笑い芸人はウッチャンナンチャンさんです。
当時はダウンタウン派とウンナン派とクラスで別れており、私は断然ウンナン派。

コント中心のお笑いに、様々なキャラクターを生み出し、毎週土曜日の夜8時が待ち遠しくて仕方がなかったです。

当時のお笑い芸人は大体がどちらかが面白いというのが定番でしたが、ウンナンさんはどっちも面白かったので、私の中では最強のコンビでした。

ウンナンのやるやら

ウッチャンナンチャンのやるならやらねばという番組には、様々なキャラクターやゲーム的要素を含んだコントが展開されており、当時はウッチャン扮する「マモー」が大人気でした。
学校では月曜日に登校すると、誰がが必ずマモーのモノマネをしているほどで、みんなで土曜日のテレビの内容で大盛り上がりでした。

スポンサーリンク





番組には勝俣州和さんや出川哲朗さんなど、現在の売れっ子が多数出演しており、今にして思えばすごく豪華な番組だったんだなと感じています。

現在のウッチャンナンチャンさんへ

2人で行う番組はほとんどなくなってしまっているのが残念です。
20年ほど経った今でもお二人の風貌は変わらず、昔のようなコント番組を行なっても、なんら違和感がないと思います。
また昔のようなコント番組を勝俣さんや出川さんも交えながら、放送してくれないかなと、心のどこかで期待しています。
出来る事であれば、ウッチャンのマモーをもう一度見れたら最高です。”

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*