藤井フミヤの愛車が凄すぎる?画像

スポンサーリンク




私が中学・高校生の頃、莫大な人気を誇ったグル―プがいました。チェッカーズです。今も藤井フミヤさんはカッコいいですけど、当時ももう半端なくカッコ良かったです。チェッカーズの特徴は、女子人気も勿論凄かったのですが、何と言っても、男子からの人気も凄かったという事です。

中学三年生の時、体育祭の応援合戦で男子・女子共に満場一致で決まった歌はギザギザハートの子守歌で、何とこの応援合戦で私達のクラスは優勝しました。

チェッカーズはアイドル的人気があったのですが、

その実、ルックスやイメージ先行だけでは語れない、ソングライティングの素晴らしさがありました。それもハンパないレベルだったと思います。

スポンサーリンク




アーリーアメリカンのロカビリーテイストの曲が初期には多く、それを見事に自分たちのオリジナリティーとして見に着けていて、決して借り物ではない良さがあると思っていました。チェッカーズのアルバムは本当に良くて、初期の名曲「あの子とマッシュポテト」、

「ロンリーソルジャー」、「時のK-City」など、ロカビリーから聞かせるバラードまで、ありきたりじゃない素晴らしい楽曲がアルバムには沢山、詰まっていました。

ロンリーソルジャーは藤井尚之さんが歌ってましたが、

歌詞が空想を凄く膨らませる、哀愁漂う、本当に名曲でした。(私は藤井尚之くんのファンでした。)実はクラスにファンの女子が多すぎて、自分はファンだと名乗れなかった・・・という苦い思い出もあります。笑。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*