中田英寿の現在の仕事が宮大工といわれているけど本当なの?年収は?

スポンサーリンク



私が青春時代に夢中になったのは,中田英寿さんです。通称「ヒデ」はフランスワールドカップへの切符を手に入れるのに,大きな貢献をしました。彼の魅力的なところは頭脳的なプレーと「キラーパス」です。思わぬところにパスを送るのでかっこよかったです。

またその後はイタリアセリエAのペルージャに移籍をして,

いきなり会見で簡単ながらイタリア語を披露したのです。当時の彼はまだ21歳で,それは衝撃でした。失礼ながらサッカー選手はインテリなイメージはなく(今はそんなイメージはありません)サッカーが出来て語学も出来て,頭の回転も良い中田さんは別格だったからです。

一番印象に残っているのはイタリアリーグでの初めての試合で彼は3ゴールも決めてしまった時です。とにかくすべてが輝いて見えました。

彼が日本の代表戦に入ると雰囲気ががらりと変わって

オーラを感じました。本当にスタープレイヤーでした。今でこそ海外で活躍するサッカー選手は多いですが,その時代はカズが少しの間いただけで,日本人がヨーロッパのリーグで活躍するというのは画期的なことだったのです。彼は更に大きなリーグ・ローマに移籍します。その後はパルマに移籍して,彼が武器にしていたキラーパスも徐々に精彩をなくしていきます。イギリスのリーグに移籍してました。

中田さんはドイツワールドカップで最後の試合にも日本は負けてしまい,彼は芝に寝転んだまま暫く立ち上がりませんでした。29歳だったけれども引退を決意した瞬間だったのか,引退は決めていて最後の試合だと思って臨んだ試合が終わったから感慨にふけっていたのかはわかりません。

スポンサーリンク




普段ポーカーフェースでクールな彼が芝に寝転んだ姿も印象に残っています。

引退後の中田さんはかなり長い間,

旅人になります。現在は豊富な人脈を使ってFIFAの役員になったり,ビジネスに手掛けたりしています。相変わらずお金持ちで,お洒落です。でも彼にはサッカーの現場に戻ってきて,いつか日本代表の監督になって貰いたいと思ってます。”

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*