井原正巳の現在は?「病気」で検索されているのはなぜ!?

スポンサーリンク



1990年代の日本サッカー界を代表するディフェンダーで「アジアの壁」と呼ばれ、1998年のワールドカップにも出場した井原正巳選手がいました。サッカー日本代表のA代表CAP数122は歴代2位の大記録を保持しております。ドーハの悲劇などを経験したのち3度目のワールドカップで見事出業権を獲得し、本選でも試合に出場されました。

念願がかなった瞬間でもありました。

日産自動車や横浜マリノス時代はタイトルをいくつも獲得しました。引退後は監督として、アビスパ福岡をJ1に昇格させるなどその手腕をいかんなく発揮しております。今年はJ2で昇格プレーオフ最終戦までまつれ惜しくも昇格を逃してしまいました。来年以降の巻き返しが期待されています。井原さんにはかつての選手時代の栄光のように監督としてもJリーグで優勝争いをしたり、

スポンサーリンク




日本代表のスタッフとして活躍される姿を期待しているファンは相当いると思われます。是非とも監督としても実績をいかんなく発揮していただきたいものです。

井原さんにはその資質が十分に兼ね備わっているものと確信いたしております。

あとは時間が解決してくれるのかもしれません。是非とも監督としてもトップクラスになっていただきたいと思っております。ワールドカップやオリンピックの監督として活躍していただけたらと思います。サッカー界のためにこれからも尽力されることを祈念いたしたいものです。力ブームがこれからも続いて欲しいです。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*