荒川静香の夫は病院の外科医?年齢は?

フィギュアスケートの荒川静香選手は、2006年トリノオリンピック女子シングルで金メダルを獲得し、日本のフィギュアスケート選手として初めての金メダルを獲得しました。

その他にも、

2004年世界選手権優勝(世界選手権とオリンピックの金メダルも日本フィギュアスケート界では史上初の快挙)、1998年長野オリンピック代表(13位)、1997年・1998年全日本選手権2連覇、2003年ユニバーシアード冬季大会・冬季アジア競技大会・2004年NHK杯各優勝、2004年GPファイナル2位など輝かしい実績を残しました。高校生時代に長野オリンピックで出場して以来、注目度がアップしましたが、その後低迷した時期もあり、2002年のオリンピックの出場権を逃し、引退を考えていた時期もあったようですが、その後巻き返し、世界選手権で金メダル、オリンピックではイナバウアーを披露して見事金メダルを獲得しました。現在につながるフィギュアスケートの立役者の一人と言っても過言ではありません。実績だけでなく、クールビューティーと言われ、そのキャラクターもあるのかもしれません。

現在では解説者などで活躍されております。

2018年は冬のオリンピックが開催されます。荒川さんの時代以降フィギュアスケートはトップクラスの注目度を浴びることになりました。是非とも、後輩にはこのブームに甘んじることなく、より一層の飛躍を期待したいと思っております。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*