原辰徳の息子が「逮捕」で検索されているのはなぜ?

スポンサーリンク



“プロ野球で巨人と言えば、優勝回数が1番の名門であり野球選手なら憧れのチームになります。歴史も古く、数々の名選手を輩出して野球ファンを喜ばせてくれました。そんな巨人の4番は、聖地でもありスター選手が打つ打順です。その4番に、1000試合以上君臨して打ってきた選手に原辰徳さんがいます。原辰徳さんと言えば、端正な顔立ちから若大将とニックネームが付けられていました。高校時代からスター選手であり、甲子園に出ると女性ファンが多く駆けつけるほどです。当時、監督は父親がしていて厳しく、ハードな練習をしていたそうです。原選手は、男前なルックス以上に、努力も行い1年からレギュラーとして活躍していました。ちなみに、原辰徳さんへのファンレターは、ものすごくアイドル芸能人に匹敵するぐらいです。

原選手は、プロ野球選手になって大変だった

そんな原辰徳さんは、甲子園のアイドルから大学を経てプロ野球選手になります。ドラフトでは、4球団が争い巨人が引き当ててうれしかったです。本人も、「巨人以外考えられなかった」と語り、強運を持っている人と感じました。プロ入り後は、4番を打ちスター選手として歩んでいきますが、

スポンサーリンク




叩かれる事も多かった選手です。チャンスに弱い、4番として物足りないなど批判を受ける事もありました。しかし、王さん、長嶋さんの後を打つ事になった原さんは、2人分を一人で期待された訳です。原さんとコンビを組めるバッターがもう一人いれば、成績も良くチャンスに強い選手になっていたはずです。その後、引退した原さんは、監督として復帰しますが、監督として優勝を数回するなど選手とは違った活躍が見れました。ファンとして、もう一度、監督の原さんを見てみたいものです。”

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*