駒田徳広が「元嫁 美佳子」で検索されている理由は!?

スポンサーリンク



80年代の巨人、90年代の横浜を支えた選手と言えば、駒田徳広選手です。駒田選手は、ドラフトで原辰徳選手が1位の時に、ドラフト2位で入った選手でした。原選手の注目度に比べると、そんなに注目されたわけではなかったのでしょうが、デビュー戦で満塁本塁打を打つなど、満塁男と言われ勝負強い選手でした。一塁手としては史上最多となる10度のゴールデングラブ賞を受賞するなど守備にも定評がありました。特筆すべきは2000本安打達成でしょう。原選手ですら成し遂げられなかった記録を成し遂げているのですがからもっと称賛されてしかるべきだと思います。また、1998年の38年ぶりのリーグ優勝と日本一にも貢献しました。当時は弱小チームで、巨人から移籍した際にはあまりにも、選手としての立ち居振る舞いのなさに驚いたようですが、徐々にチームが強くなり始め優勝させたことは絶賛に値します。

■引退後は…

解説者をしながらも、コーチをする機会も増えてきました。

スポンサーリンク



独立リーグで監督にも就任されました。是非とも、常勝球団だけでなく、弱小球団から日本一に輝いた経歴は稀有な方だと思いますので、指導者としてもっと活躍していただきたいと思っております。今年、横浜は19年ぶりに日本シリーズに進出しました。駒田さんがいた頃の強さを維持できなかった球団がようやく強くなってきました。こういった球団でコーチをすればもっと活躍するのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?”

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*