元気になりたい方必見!中畑清が永遠に絶好調の理由は!?

スポンサーリンク



80年代の巨人を支えた絶好調男と言えば中畑清選手でしょう。駒澤大学から入団し、当時の長嶋監督にアピールするために、キャンプの時からいついかなる時も絶好調です。と言い続け、周りを明るくし、やがてレギュラーの座を勝ち取りました。中時期を打ったこともありましたが、

スポンサーリンク



どちらかというと記録よりも記憶に残った選手と言った方がいいのかもしれません。しかし、記録を見ると、ゴールデングラブ賞を7回受賞しているなど、活躍の跡が見て取れます。それ以上に、OB会などで会長を務めることも多く、皆に慕われているのが見て取れます。

■引退後は…

解説者やバラエティー番組で活躍していますが、野球界の現場に呼ばれることも予想以上にありました。松井選手が新人の時はコーチでしたし、2004年のアテネオリンピックでは長嶋監督の代行としてチームを指揮し、銅メダルを獲得しました。DeNAの監督としても4年間務め、チームはBクラスでしたが、その後ラミレス監督になってからは中畑監督時代に育成した選手が活躍をし始め、今年は19年ぶりに日本シリーズに出場することになりました。そのキャラクターから、野球理論はあまり注目されていませんが、皆さんが思っている以上に野球界からは愛される存在なんだということがよく分かるようになってきました。これからも、野球界のために尽力していただきたいと思っております。絶好調男がいないと盛り上がりにかけてしまうのかもしれません。”

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*