ブーマー(お笑い)は現在どうしてる?伊勢?

スポンサーリンク



“私が好きだったお笑いタレントは、「BOOMER」です。ちょうど小学校のころ、1997年とかだったと思いますが、テレビ番組「タモリのボキャブラ天国」で大ブレイクしていまいた。最近、テレビで見なくなってしまいましたが、当時は爆笑問題などと並んで大人気だったんですよねー。

■遅れてきたルーキー

そんなBOOMERのキャッチコピーが「遅れてきたルーキー」でした。なぜかこのコピーが脳にこびりついて、忘れられません。世代としては、動機がアンジャッシュやU-turnです。同期と比べても決して「遅れてない」と思うのですが、なんでこのコピーだったんでしょうね。

■魅力は実力派のネタ

BOOMERの魅力は、正統派なコントでのネタ勝負です。いわゆるひな壇やトークではなく、純粋にネタが評価されて人気があった記憶があります。そういう意味では、実力派でかっこいいですよね。当時、ネタによってボケと突っ込みを入れ替えるスタイルが画期的で衝撃を受けました。

スポンサーリンク



いまでも、一部のネタはYoutubeなどの動画サイトで見ることができます。面白いことは時代が変わっても色あせないんだなーと、たまに見ては鑑賞に浸ってしまうんですよね。お笑いブームと言われて久しいですが、当時のボキャブラは本当に豪華だったと思います。BOOMERはもちろんですが、爆笑問題、くりぃむしちゅー(当時海砂利水魚)、ネプチューンなど、今でも大活躍の芸人さんを多く輩出しています。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*