宝田明は現在かつら?若い頃から?画像

スポンサーリンク



ゴジラと共に世に出た宝田明の壮絶な戦争体験談が凄い!

宝田明はこんな人!

宝田明は、朝鮮・咸鏡北道出身の日本の俳優です。

1953年、東宝ニューフェイスとして映画俳優としての経歴がスタートします。

初出演した映画が有名な特撮映画の超大作『ゴジラ』でした。
その映画で主人公の南海サルベージ所長の尾形秀人を演じました。

この、ゴジラの大ヒットと共に、二枚目俳優としての地位を確立したのです。

その後も『モスラ対ゴジラ』、などゴジラシリーズには欠かせないスターとして登場し、テレビドラマ、映画、舞台俳優として活躍しています。

そんな宝田明さんですが、凄まじい戦争体験を持っています。

スポンサーリンク



1945年、中学生だった宝田明さんは満州で終戦を迎えました。
おりしもソ連軍の侵攻によって宝田明さんの住んでいた町は壊滅。
そしてソ連軍の略奪と暴行の修羅場を体験しています。

その時に、銃をこめかみに突きつけられたことも体験しておりハルピン駅の近くで父と兄と三人で強制労働をさせられています。

またソ連の警備兵に脇腹を打たれて、死に掛けた事もあったそうです。

終戦時の大動乱の中で九死に一生を得て日本に帰国して映画スターとしての人生を歩んだ宝田明さんは還暦を過ぎてようやく自身の戦争体験を話す事が出来るようになったそうです。

宝田明のプロフィール

出 生 名 宝田 明(たからだ あきら)
生年月日 1934年4月29日(83歳)
出 生 地 朝鮮・咸鏡北道
国  籍 日本
血 液 型 O型
身  長  182cm
職  業 俳優、タレント
ジャンル 映画、テレビドラマ、ミュージカル
活動期間 1954年~

現在の宝田明はというと?

宝田明さんの最初の結婚は1964年でミスユニバース世界大会の優勝者の児島明子さんと結婚されています。

児島明子さんは、日本だけでなくアジア初のミスユニバース世界大会の優勝者でした。

そして二人の娘さんに恵まれたのですが1984年に離婚しています。

二度目の結婚はミュージカルで共演した16歳年下の女性でした。

そんな宝田明さんは、息の長い二枚目俳優として活躍を続け、2016年の参議院選挙には過去の戦争体験を知る人間として政治団体「国民怒りの声」から立候補しました。

しかし、理由は不明ですが、その後、突然、立候補は取りやめとなりました。

そして、現在、83歳ですが二枚目でダンディーなスタイルは変わっていません。

永遠の二枚目スターとしての存在感と、俳優としての輝きを保っています。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*