バレンタインメッセージ~上司へ気の利いた一言編~

スポンサーリンク



仕事をしていれば、バレンタイン時期は上司に何を贈るか悩む人も多いでしょう。
他の同僚と同じ物にしては失礼になりますし、一緒に沿えるメッセージにも悩みます。
今回はバレンタイン時、上司が喜ぶ気の利いた一言についてご紹介します。

・お世話になっていることを強調する

未婚の方もいると思いますが、ほとんどの方が既婚者である可能性が高いですよね。
そこで気を付けたいのが、必要以上に砕けたメッセージを送らないことです。
相手の家族に誤解を与えるような、ハートマークなどは避けるようにしましょう。
文面も『お世話になっている』ということを強調して、本命ではなくあくまでお世話になっているお礼であることが分かるようにしましょう。中には親し気にメッセージを書く人を嫌う上司もいますので、きちんと節度は守りましょう。

スポンサーリンク



・同僚と一緒に購入する

お礼を言われて、気を悪くする人はまずいません。
バレンタインとなれば、誤解をさせてしまう可能性もあるため、軽率なことは出来ません。
しかし、どう頑張っても誤解を与えてしまう時はあります。
そういう時は、同僚と一緒にお金を出し合って購入するという方法もありますね。
メッセージも『ご家族と一緒に食べてください』など、お世話になっている文章以外に付け足すことによって、誤解を与える可能性を低くできます。

上司へのメッセージと言うことで、やはり『お世話になっています』や『これからもご指導宜しくお願い致します』などの言葉が無難です。上司と部下だからこそ、無難を超えすぎたメッセージは良くありません。同僚や後輩、先輩に対するような砕けすぎた文章は良くないことと、きちんとした距離感を保たなければならないこと、これが一番大事です。
テンプレート的な文章が嫌だと感じる方は、普段の仕事についてのメッセージを付け足すといいでしょう。自分の仕事を見てもらえているということは、上司や後輩、同僚などに関わらず嬉しいものなのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*