三浦泰年の現在と「最低」と言われている理由は?クラブ私物化?

スポンサーリンク



 

三浦泰年さんと言えば、元サッカー選手で有名な方ですよね。
通称「ヤス」と呼ばれていました。
そんな三浦泰年さんは現在どうしているのか?調べてみました。

スポンサーリンク



三浦泰年さんのプロフィール

1965年生まれの静岡県出身です。
静岡高校に入学をし、サッカーを励んでおりました。
そして1984年に卒業した後、ブラジルに留学をしています。

その2年後には読売サッカークラブに入っています。

1992年に清水エスパルスに移籍。
1993年に日本代表に選ばれています。
1994年はFIFAワールドカップ・アジア予選に出場しましたが、あえなく敗れてしまいました。
2003年に引退した後は、指導者としてサッカーを教えていました。

静岡FCのテクニカルアドバイザーやギラヴァンツ北九州の監督に就任。
東京Vの監督に就任したり、タイ・ディヴィジョン1リーグチエンマイFCの監督に就任しています。

数多く就任してきていますし、三浦泰年さんこそサッカー人生を円満に送っているのではないかと思いますね。

三浦泰年さんはなぜ引退したのか?

現役引退は2003年でした。
まだまだ2003年以降も現役で出来るのではないか?とファンは思った事でしょう。

1988年以降は、あまり出場する機会がなくなってしまったんです。
1998年のリーグ戦が終了すると、アビスパ福岡に移籍します。
2001年にはJ2に降ろされてしまったんです。

実力を思うように発揮できず、引退せざるおえなかったのかもしれませんね。
しかし引退するまでは、数多くの戦いに出場していますし、三浦知良さんと同じぐらい有名で、二人が揃うと「ヤスガス!」と呼ばれる程人気だったのは事実です。

三浦泰年さんの現在は?

現在どうしているのか、調べてみると2017年現在は、鹿児島ユナイテッドFCの監督に就任されていますので、今もなおサッカーを指導する側で頑張っています。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*