きよ彦(着物)は今現在どうしていますか?画像

スポンサーリンク



着物デザイナーとして人気だった「きよ彦」さん。
着物だけではなく、料理研究家でもあり六本木に「まめ彦」というおでん屋さんの
オーナーなど、幅広いジャンルで活躍をしています。

そんなきよ彦さんは現在どうしているのか?調べてみました。

きよ彦さんのプロフィール

1950年生まれの福島県出身です。
1988年に京都にある呉服問屋で着物のデザインを始めるようになりました。

花を使ったデザインが「奇抜」という事で有名になりました。

ご結婚はされていて、娘さんが1人いらっしゃいます。
奥様は42歳でお亡くなりになっており、その後男手一つで娘さんを育てていました。

娘さんのお弁当を毎日2年間忘れる事もなく作り続けた事で料理研究家となりました。

お店も2つ持っています。
一つは出身の福島県で手打ちそば屋・東京の六本木にはおでん屋さんのオーナーになっています。

きよ彦さんはなぜいなくなったのか?

元祖オネエキャラと言われていましたが、最近は数多くのオネエタレントが出てきて
きよ彦さんをお見かけする機会が減ってしまいましたね。

東京の六本木にあるおでん屋「まめ彦」さんが大忙しのようで
そちらに力を入れているのでしょう。

そのため、芸能活動がなかなか難しくなってしまい今は出演ができない状況なのでしょう。
全くお見かけしないというわけではなく、たまにメディアに出演しています。

きよ彦さんの現在は?

現在のきよ彦さんは、福島県にある手打ちそば屋や六本木にある
おでん屋さんで行ったり来たりの大忙し人生を送っています。

スポンサーリンク



ある時は着物デザイナーの仕事。
またある時は、おでん屋のオーナー。
そして時々お見かけするメディア出演と多忙ライフを送っています。

タレントを引退しているわけではありませんので、着物関係や料理関係の
番組で出演する事が、今後は出てくるかもしれませんね。

いろいろなお仕事をしていて、休む暇もないぐらい大変かと思いますが、体調を崩さない程度に

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*