森下涼子、砂の城などで活躍しましたが今現在は結婚しましたか?

スポンサーリンク



今、休止活動中? 昼ドラの女王、森下涼子は今どうしているの?

森下涼子(もりした りょうこ)は、こんな人!

森下涼子は、『So-en』で雑誌のモデルとてデビューしています。

最初はアイドル系の女優「森下圭」という名前でしたが、直ぐに現在の森下涼子と言う名前に改名してします。

1990年にテレビドラマの大江戸捜査網への出演がテレビ初登場になります。
以後はCMなどへの出演もしながらテレビドラマをメインに活躍しています。

1993年以降は、TBSの『赤い迷宮』に主演してからは昼ドラでの活動が増えて行きます。

そんな彼女は昼ドラの女王と言われました。それと面白い分析では彼女が出演する番組では、どういうわけか犯される役が多いと言う評価もあります。

森下涼子さんは元アイドル系の清潔感がある女優なので役柄の上で汚される役どころを演じるとインパクトが強いのでそういうシーンが多かったのでしょう。

スポンサーリンク



1997年の昼ドラ『砂の城』『緋の稜線』の主演、あるいは『真珠夫人』などに出演して、存在感のあるキャラクターとして人気がありました。

2005年以降はテレビや映画への出演がなく事実上の休業状態と思われます。

森下涼子のプロフィール

出 生 名  佐藤佳代(さとう かよ)
生年月日 1973年7月3日(43歳)
出 身 地 千葉県柏市
血 液 型  A型
身  長  164Cm
体  重  –
職  業  女優
ジャンル  テレビ、ドラマ、映画
活動期間  1995年~2005年3月(休業中)
事 務 所
公式サイト

現在の森下涼子はというと?

いわゆる彼女も「いつのまにか消えた芸能人」の一人です。

一時は、昼ドラの女王と言われ、また、やけにテレビドラマにでて犯される役が多いのでもしかしたら、芸能界から姿を消したことにも関係があるのかとウワサになったほどです。

しかし、元々、昼ドラに男女の愛憎劇は不可欠です。
そうなるとドラマの構成上、自然と「被害者役」の女性が必要なります。

その結果、彼女が犯されるシーンが多いと言うことになります。
キャスティングの事情によるもので彼女がテレビから姿を消した理由とまでは言えないでしょう。

あえて言うのなら超人気女優になるほどの知名度が無かったので登用される機会が減って行った結果、女優としてのニーズが終わったと言うことなのでしょうか?

そんな、彼女の現在ですが結婚の情報も無く、大ヒットした作品も無かった彼女に再デビューの噂もありません。

現在、ホームページでも彼女の名前は消えていると言う事で芸能活動は休止状態と言うことです。

しかし、まだ女優としては43歳で引退する年齢ではありません。
またテレビで森下涼子さんにお目にかかる日が来るかもしれません。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*