玄関ドアにハロウィン飾りをする時の上手なテクニック

スポンサーリンク



ハロウィンが近づくと、色々なお店でハロウィン用の飾りつけグッズを見かけますよね。
しかし適当に飾り付けても統一性がなかったり、ハロウィンっぽくなかったり分かってもらえない場合があります。ハロウィンで一番大事なのはインパクトです。どんな飾りつけをすれば人に印象付けられるのか、今回は上手な飾りつけのテクニックをご紹介します。

ドアそのものをハロウィンっぽく!

最近はイベントのために壁紙を張ったりなどしてリメイクをする人も増えてきています。白いテープや包帯をドアに巻き付けてミイラ男っぽくする人もいます。血のりをつけるとご近所さんから別な意味で間違われて大きな騒ぎになりそうですね……。ですがハロウィン限定ですればそこまで勘違いをされることもないのでしょうか。他にも玄関ドアを蜘蛛の巣のようにするハロウィン用のグッズもあります。自分で作ることも出来ますが、時間に都合がつかない人はハロウィングッズを購入することを考えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク



基本的なハロウィン飾りつけをしてみる!

ぺたっと簡単に貼れるこうもりやカボチャのグッズでお手軽にハロウィン気分を味わえます。玄関先に置きもののカボチャを積み重ねるのも雰囲気を味わえますね。ドアノブを手首のようにしてみるなど凝ったグッズも沢山あるのでハロウィン時期には色々なお店を見て回ることをオススメします。

ご紹介した物はハロウィングッズとして購入することが出来る物が多いですが、人体模型をドアに貼りつけたり、玄関先から吊るしたりなどする家庭もあるようですね。1日限りのハロウィンのためにかなりの手間がかかりますが、家族と一緒にすると家族の時間も一緒に取れるので毎年ドアや家をデコる人が多くなってきています。子供たちと一緒に黒い画用紙でこうもりの形を作ったり、1年に1度のイベントなのですから、家族や友人、職場の仲間たちと力を合わせてみんなの目を惹く飾りつけをしてみてください。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*