上岡龍太郎の現在は?芸能界引退後は悲痛な声って何?息子は?


スポンサーリンク





上岡龍太郎ってあの硬さとかしゃんとしてるところとか、自分に厳しそうなところとかがものすごーくワタシの祖父に似ておりまする(;´∀`)

上岡龍太郎ってどんなひと?

本名:小林 龍太郎、京都市左京区出身。1942年3月20日生まれの現在75歳。弁護士の父と資産家の母の元に産まれ、幼少期は家事の一切を使用人に任せて母が勉強の面倒の一切を見ていたそうです。しかし母の想いとは裏腹に香具師や芝居、歌舞伎、映画と演じることへの興味が湧いており、将来は役者になりたかったそうです。高校在学中にどうせ同じ落ちるならとレベルの高い大学を受験し、大学受験に失敗。その出来事がきっかけで高校卒業後は京都市内にある飲食店などでバンドボーイやジャズバンドの司会などをこなしながら芸能界へと近づいていきました。

1960年に横山ノックの誘いを受け「横山パンチ」の名前で横山フックと3人で『漫画トリオ』を結成し、お笑い芸人として活躍をします。

関西から関東へ

関西で大人気となっている一方で、なかなか関東進出をしなかった上岡龍太郎ですが、横山ノックが政界への進出を表明した事でピンでの仕事が増え、関西から中京圏、そして関東へと徐々に活動の場を広げていき、1987年には読売テレビで放送された『鶴瓶上岡パぺポTV』が放送開始され、東京進出を果たすと、1988年には朝日放送で『探偵!ナイトスクープ』の放送が開始されました。

その後、芸能生活40年で引退すると公言していた党利、2000年4月に芸能界を引退されています。

引退後の暮らしぶり

引退後はどうしてはるんやろ?なんて思ってましたが…上岡のりおがテレビで億なんて金額じゃない、上岡さんいわく「金はたんまりある」そうです。健康維持のために時々ジョギングで大阪城の周りを走ってるそうですが、、好きなゴルフをしたりと完全隠居生活を送っているそうです。

確かに、バブル時代にひたすらテレビに出まくり、絶頂の頃に人気テレビ番組で司会として出演したんやから、、バブル時代の月収がん千万円とか言ってた子役の給料を考えると、、おかしくなる程貯金がたんまり残ってても、おかしないわなぁ(;´∀`)

現在の上岡龍太郎の悲痛な声?

上岡龍太郎さんが現在悲痛な声を上げてるという…。これ、悠々自適な生活を送ってるのになぜ?なんて思ってましたが、どうやら最後の弟子といわれている横山テントさんの事故死が原因だそうです。


スポンサーリンク





引退時58歳でその後は交流の深かった方の葬儀などでテレビに少し移る程度歯科世間に大きく自身をメディアに登場させていない上岡さんだけに、より一層その様に見えたのかもしれません。息子の小林清太郎さんは映画監督として活躍をされてるし今後もまだまだ隠居生活を楽しむんじゃないかな(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*