カケフくんで一躍大人気の元子役の彼の今現在はどうなってる?


スポンサーリンク




カケフくんってどんなひと?

本名:相楽 健治、東京都渋谷区広尾出身。1977年4月11日生まれの現在40歳。1985年12月より放送が開始されたフジテレビ系テレビ番組『所さんのただものではない!』のコーナーに、放送開始後暫くしてから出演し始めました。1990年3月の小学校を卒業するまでの間、間下このみらと共に番組に欠かせない子役として出演し、“カケフくん”として日本中のお茶の間の人気を得ていました。

カケフくんの活躍

カケフくんは阪神タイガースで当時超絶人気選手だった掛布雅之にそっくりな子供として番組に出演。“カケフくん”の芸名も当時、番組内で掛布雅之に似ているからということで急遽つけられた芸名でした。阪神タイガースのキャップ帽がトレードマークで、番組ではいつも周囲を笑わせる子役として周囲の子役より更に目立っていた存在でした。

そんな子役として大人気だったカケフくんがどうしてテレビから姿を消してしまったのか…

子役を辞めた理由とその後

番組には小学校を卒業するまで出演し続けましたが、中学へ進学すると同時にすっぱりテレビから姿を消しています。その理由というのが父親の“息子を芸能人にしたくない。一般人として生きて欲しい”という思いの元、子役を辞めることとなったのです。

その後、中学、高校、大学へと進学し、一旦は会社に就職したものの、2003年に週刊誌によってテレビ局のADとして働いていることが報じられましたが、長続きすることなく辞めた後、再びサラリーマンとして会社務めをしていました。

コンビニで会えるって本当?

2009年にフジテレビONEで放送されていた『ゲームセンターCX』にてカケフ君を取り上げた際に番組へFAXを送り、コンビニ経営をしていると公表しています。当時のカケフくんファンにとっては実際のカケフくんに会えるチャンス!

その経営しているコンビニというのがサークルKの世田谷瀬田だという。現在は既に一般の女性と結婚をされ、お子さんも2人居る一家の大黒柱として日々頑張っているそうです。

頼れる兄として

カケフくんには子役時代、妹的存在の子役、間下このみと頻繁に共演する機会がありました。Sの妹である間下このみが難病を2つも抱えながら母として闘病しながら日々頑張っていることを取り上げた2016年9月16日放送の『爆報!THEフライデー』へ手紙を送り、「共に子役としてずっと一緒に頑張って来た大切な妹。これからも兄として頼って」と心温まる手紙を送っています。
因みに…間下このみの記事はコチラにあるので、チェックしてみてね♪


スポンサーリンク





とっても心優しい男性へと成長されたカケフくん。きっと家庭でも優しいお父さん、夫なんでしょうね。これからも頑張って、時折テレビで元気な姿を見せて欲しいですね☆ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*