ムーディ勝山は現在右から左に流されて消えた!?相方が居た?


スポンサーリンク





ちゃらちゃ ちゃっちゃ ちゃらっちゃ~ 右から来たものを左に受け流す~♪のムード歌謡曲ネタで大ブレイクしたムーディ勝山。どうしてるんでしょうねぇ、、

ムーディ勝山ってどんなひと?

福岡県柳川市生まれの滋賀県草津市出身。本名:勝山 慎司。1980年6月11日生まれの現在36歳。吉本お笑い養成所として知られているNSC(大阪校 23期生)を経てお笑い芸人として活躍。養成所時代にコンビを組んでいたものの解散し、トリオを組んだもののそちらも解散。2005年に養成所の1期先輩に当たる梶剛と「勝山梶」としてコンビを始動させています。このコンビって結局はどうなったんでしょうかねぇ(;´∀`)

ブレイクしたのはあの大物女優の結婚披露宴!?

お笑い勝ち抜きバトル番組『エンタの神様』や『M-1グランプリ』など、新人若手お笑いばんぐみで大ブレイクしていたムーディ勝山さん。2007年に行われた藤原紀香と陣内智則の5月30日に開催されたホテルオークラでの結婚披露宴で、自作の結婚のお祝いソングを歌った事…もう多くの人の記憶の中にしまわれちゃったかな(;´∀`)
ちなみに…藤原紀香の記事はコチラ!あわせてチェックしてね♪

当時は着うたで21位、総売り上げ2億あったΣ(゚Д゚)というから凄いよね~

気が付けば仕事が右から左へ…

この結婚披露宴で歌った事が、徐々にブレイクし始めてたムーディ勝山の名前を更に人気芸能人へと引き上げてた感があったけれど…この2007年のブレイは長くは続きませんでした。この2007年のスケジュールは真っ黒で余白を残さないほどで、最高の月収は600万円を超えてたとか。一転して2008年には真っ白なスケジュールと、殆ど仕事が無く目減りする月収、遂には1か月丸々仕事が無く、月収も14万円に…。

最近のムーディ勝山

養成所時代に地元のなか卯でアルバイトをしてたムーディ勝山。こバイト先で出会った女性に2度も告白するも振られ、3度目にしてようやく交際にこぎつけた逸話を持つお相手の女性と9年の交際の末に2013年にゴールイン。


スポンサーリンク





「売れている時には良い思いをさせてもらった。今は一緒に居るだけで幸せ」とサラッと言っちゃうほど素敵な奥様。この奥さんのが毛からの支えがあったからこそ、当時もブレイクがあったんでしょうね~。先月の17日には大宮署の1日警察署長を務め、久しぶり?にメディアの前に登場。現在はラジオのレギュラーが2本入ってて仙台のラジオで活躍してるとか。

支えてくれてる奥さんの為にも、もう一回再ブレイクしなきゃね♪
ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*