長坂哲夫は不治の看板アナをセクハラで降格していた!現在は?


スポンサーリンク





「日本、勝った!」サッカー日本代表が初のワールドカップ出場を決めた試合で実況の長坂哲夫さんが絶叫した一言です。この試合の模様は度々テレビで放送されることがありますので、長坂哲夫さんの声を聞いたことがある人は多いかもしれません。

長坂哲夫 プロフィール

1967年生まれ 東京都出身 長坂哲夫さん、この時の実況が印象的だったのかサッカーのTVゲーム「日本代表チームの監督になろう!」でも実況の声で出演しています。フジテレビのアナウンサーとしてF1やマラソン、北京オリンピックで実況を担当していました。が、最近はまったくテレビで声を聞くことはありませんね。

無敗神話は長坂哲夫の実況のおかげ!?

「サッカー日本代表の試合は、フジテレビで中継されると負けない」というジンクスがあったのをご存知ですか?なんでもフジテレビで中継していた日本代表の試合は必ず勝利か引き分けで終わるという時代があったそうです。しかもその全試合を実況していたのが、長坂哲夫さんです。

1997年にはワールドカップをかけた試合では負けなしアナウンサーとして実況を任されています。実況自体は試合の結果には直接関係ありませんが…長坂哲夫さんからしてみればプレッシャーを感じてしまいそうですね。

セクハラ事件の後もフジテレビからはまだ退社してない?

長坂哲夫さんは実況のお仕事で南アフリカでの滞在中に女性スタッフにセクハラをしてしまったことが原因でアナウンサーを降ろされてしまったようです。お酒の飲みすぎで起こしてしまった事件らしいですが、いくら異国の地で羽目を外してしまったとしても本当のことだったら許されないですよね。しかしこの件については、出世争いからくるねつ造だったという話もあるようです。


スポンサーリンク





実際長坂哲夫さんはアナウンサーではなくなったもののフジテレビには残って総務局総務サービスセンタ―で働き続けています。アナウンサーは誠実なイメージが大切ですから、一度でもスキャンダルや事件を起こしてしまえば本来の仕事に戻るのは難しいですが、長坂哲夫さんの場合はなんだかウヤムヤなままに終わってしまいました。真相は闇の中です…

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*