真中瞳が干された後、東風万智子に改名したってホント!?


スポンサーリンク





まだ真中瞳さんの名前を覚えていらっしゃいますよね。そういえば、真中瞳って、最近どうしていらっしゃるのでしょうか。東風万智子という名前を聞いたことはないでしょうか。真中瞳さんは、現在、東風万智子という名前で、頑張っているようです。知ってましたか……?

真中瞳とはどのような人物?

そもそも、真中瞳さんとはどのような人物だったのでしょうか。1999年、日本テレビのバラエティー番組『進ぬ!電波少年』で、彼女は登場して、2000年、テレビ朝日系ニュース番組『ニュースステーション』の金曜日のスポーツキャスターを担当します。彼女は女優デビューもして、着実に芸能界の階段を上がっていったようなイメージもあります。

2006年彼女は引退?

しかし、2006年には、所属事務所のワタナベエンターテインメントを辞めて、オーストラリアに約1年半語学留学して更に、OLとして仕事をしていたと言います。引退宣言というものがあった訳ではありませんが、事務所のプロフィール欄から名前が削除されて、ほとんど引退と思われていたようですね。

しかし、そんな彼女は、2009年には、芸名を東風万智子いう名前に変えて、再び芸能界に登場することになります。そして、音楽朗読劇「HYPNAGOGIA」に出演などに出演したりします。

彼女はなぜ改名しなければならなかったか……

兎に角、一度彼女が芸能界を干されてしまったという言い方も間違いではありません。当時彼女は、「ニュースステーション」のスポーツキャスターとして頑張っていたのですが、 彼女は当時結構売れていたので、裏番組出演のオファーも舞い込んで来たようです。彼女の判断が甘いのか、事務所の指導がいけないのか判らないですが、彼女は、2つの番組に同時に出演し、芸能界のタブーに触れてしまったのです。

彼女の現在 以前よりのびのびと

真中さんは新たに芸能事務所「クリオネ」に所属することになります。彼女は、ここからもう一度一からスタートしようと決心をしたようです。新しい芸名は、本名の読みが「まちこ」であるため、芸名も同じ読みに合わせた結果と言います。そして、菅原道真が京の都を離れる際に詠んだ和歌からインスパイアされたと言います。


スポンサーリンク





東風万智子という名前は、正直に言えば、真中瞳さん程度の知名度はないのかもしれませんが、現在、相棒 Season8、新・警視庁捜査一課9係 、 月曜ゴールデン 税務調査官・窓際太郎の事件簿などなど、いろいろなドラマに出演して、のびのびと頑張っています。今が、彼女が一番充実している時なのかもしれません。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*