田中陽子ヤングなでしこでアイドル的存在だった彼女は現在何を?


スポンサーリンク





田中陽子さんは5歳からFCレオーネでサッカーをスタートしたと言います。JFAアカデミー福島の1期生であり、U-16から年代別の日本代表に選出し、U-17代表入り。2010年には、U-17でW杯で準優勝します。2011年にはU-19アジア選手権出場します。

田中陽子さんは、アイドル顔負けの人気

田中陽子さんの人気はハンパではありません。2011年W杯ドイツ大会を制して、2012年ロンドン五輪では念願の銀メダル!田中陽子さんは、まさにポスト沢と呼ぶべき逸材です。彼女は子供の頃、自分が女の子であることに対して、コンプレックスを持っていたと言います。

だから、スカートは全然履かない時代があったようですして自分で髪の毛をバッサリと切ってしまったこともあるとか。上手いサッカー女子選手というものは、自分が女性であることをバッサリと切り捨ててしまっている人たちなのかもしれません。 2012年、U-20W杯で準決勝に進出し、史上初のベスト4入りをして、圧倒的に存在感はまさに男性まさりです。

彼女はやっぱりサッカー大好き

彼女のことをかつて小学校の同級生に話しを聞けば、やっぱり、昔からサッカーばかりしていたということです。給食も誰よりも最初に食べて、誰よりもはやくボールをキープしていたということです。

田中陽子さんの現在は……

ヤングなでしこのメンバーとして、一躍ブレイクしたのももう懐かしい想い出になろうとしています。田中陽子選手の一生懸命な可愛いルックスも懐かしいですね。澤穂希選手の後継者と言われた時代も懐かしいです。しかし、そんな彼女もあまり名前が聞かれなくなって来ました。

そして、2015年には、田中陽子選手、ノジマステラ神奈川相模原に移籍というニュースが飛び込んで来ました。まだまだ新しいニュースです。ただし、ノジマステラ神奈川相模原といえば、2012年2月創設したなでしこ2部のチームに過ぎないのです。田中陽子さん自身は、1部から、2部の新設チームへの移籍についてどのように考えているのでしょうか。


スポンサーリンク




ノジマステラ神奈川相模原だからと、彼女は全然コンプレックスを持っている訳ではありません。ノジマステラ神奈川相模原は、とても恵まれた環境にあると言います。練習用人工芝ピッチ、クラブハウス、更に各種トレーニング設備、選手寮など、全部が新しく、家電量販店ノジマの正社員として仕事をし、午後はトレーニングに専念出来るシステムがしっかり整っていると言います。ただ、理由はそれだけではありません。彼女は兎に角現在の環境を変えたいと思ったようです。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*