アントニオ猪木と北朝鮮の関係と、多額借金の行方


スポンサーリンク





元気ですか~!!と強烈な猪木ビンタで一躍大人気やったアントニオ猪木。何やら北朝鮮と関係があると聞いて、早速ちぇ~っくしてみました。

アントニオ猪木ってどんなひと?

横浜市鶴見区出身。1943年2月20日生まれの現在74歳。幼少期は家業が倒産するなどし、貧しい生活を送り、13歳で貧困脱出を願って家族でブラジルへ移住。1960年(昭和35年)にサンパウロを訪れていた力動山に直接スカウトされた事で日本プロレスに入団。1971年には女優の倍賞美津子と結婚したが1987年にアントニオ猪木の不倫騒動にて離婚。1989年に参議院議員となり、1998年にプロレスを引退した。

波乱万丈な人生を送った猪木

幼少時より波乱万丈な人生を送っていた猪木はプロレスラーとなってからも女優との結婚離婚、政界進出など、波乱万丈な人生を送ってます。

そんなアントニオ猪木がなぜか北朝鮮と関わりがあるという噂がありますが、そのあたりはいったいどういった理由からなのでしょう?ちょっとワタシなりにチェックしてみました。

力道山とアントニオ猪木と北朝鮮

アントニオ猪木を直接スカウトした力道山。昭和の人気プロレスラーとして昭和の初めを生きている人なら知らない人はいないといわれるほど人気レスラーですが。実は力道山本人、北朝鮮出身で、娘は北朝鮮で暮らしているという。金正日がアントニオ猪木のファンで、95年にピョンヤンで試合した際には金正日が見に来ていたほか、2010年に開催された労働党創設656周年に招待されて際には金正日総書記と金正恩が猪木に向かって手を振ったというエピソードも。

北朝鮮では力道山の弟子ということが知られていて人民から好意的な感情をもたれているらしく、猪木本人も自分の人脈をもってすれば北朝鮮のトップとすぐ繋がると日本メディアに話しています。過去には国会の承認を得ずに訪朝したとして30日間の登院停止処分を受けている猪木。しかし、本人はスポーツを通じて交流を図り、両国関係を発展させようと考えている…そうです。現在イスラム教に改宗し、『モハメッド・フセイン』の名を持つアントニオ猪木。今後彼はいったいどこへ向かおうとしているのか?


スポンサーリンク





ワタシ個人はおしどり夫婦だと思ってた倍賞美津子と離婚したんがすっごいびっくりで、それ以降、女子なもんでプロレスに興味はなかったから、イマイチ偉大さが分からん。元気ですかー!と張り手しか印象にないもんなぁ、、ごめんよ、猪木。そしてついでに、アントニオ猪木とパソコンを打つ指先が何度も“アントキの猪木”と打ち間違えた事も、次いでと言っちゃーなんだけどここで詫びとくよ~!

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*