加山雄三はかつらだった!?衝撃の落下画像は本物?偽物?


スポンサーリンク





ハワイの海がめちゃめちゃお似合いな加山雄三。昭和のビックスターとして大活躍し、現在でもまだまだ人気ですよね。今回はそんな加山雄三さんのとある疑惑について触れたいとおもい、昭和生まれのアラフォーのワタクシがちょっとチェックしてみました~♪

加山雄三ってどんなひと?

神奈川県横浜市生まれ、茅ケ崎育ち。本名:池畑直亮、1937年4月11日生まれの現在80歳。えっ!!!!!若大将ってもう80なん?完全な後期高齢者のおじいちゃん世代やんっ。
父 上原兼、母 小桜葉子の息子として育ち、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後の1960年に東宝に入社し、同年に映画『男対男』で映画俳優としてデビュー。翌年の1961年には『夜の太陽』で歌手デビューを果たすと、以降16回もNHK紅白歌合戦に出場するほどの人気歌手となっていきました。

ワタシ~昭和生まれですが、若大将より父の上原兼の方がイケメンオーラ満開で好みです~って、ワタシの好みはどでもえぇーか(;´∀`)

加山雄三のかつら疑惑

80歳にして未だに髪がフサフサ。整いすぎてるってコトで、かつら疑惑が浮上!白髪が生えないのはシャンプーじゃなく石鹸で洗ってるから~!なんてやさし~いトーンで自毛アピールしてる気ぃすんねんケド…ホンマのところってどうなん?

加山雄三さんのかつら疑惑を追及してくと、かつらのほかに、植毛疑惑が同じ位あることにビックリ!なんでもアメリカに渡米した際に植毛したっていう噂が浸透してた!って、、アメリカで植毛したらメンテナンス大変ちゃう?諦めて日本で手直しせな、めちゃめちゃマメにアメリカいかなアカンやん?なんぼなんでも現実的ちゃうと思うねんケド…

加山雄三がはげてるのは遺伝?

さっき、ワタシお父さんの上原兼の方がイケメンオーラ全開で好き~っていましたが、実は上原兼さん。アデランスのCMに長年出てました。しかも、自分からかつらだ!て明るくカミングアウトしてたしね。

なんでも幕末から明治にかけて大活躍した政治家である岩倉具視(いわくら ともみ)の玄孫(読み:やしゃご ※ひ孫の子供)である加山雄三。ですが、この方の残されている写真を見てみると…髪が結構薄い!因みに岩倉具視さんは母方のひぃひぃおじいさんってことですね。んでもって父もかつら。って~、コレ、完全な遺伝ちゃうーーーーーんっ?

因みに、コンサートで毎回最前列のお客さんに加山さんは自分の髪の毛を引っ張らせるパフォーマンスを現在も続行してるとか。完全に植毛かかつらと思ってたけど…ちゃうんかな?

かつら落下の真相とは?

じゃ、加山雄三のかつら落下に関してはどーゆーコト?って疑問に思ったので、ちょっと調べてみると…コレ、実は同じくかつら疑惑?公然のタブー?がある小倉智昭さんのかつら落下合成動画の件と、香山雄三、かつら、疑惑…これらのキーワードが単に合わさってしまった結果のガセみたいです。


スポンサーリンク




えっ!?またしても加山雄三さんのかつら疑惑の真相がやぶの中って?それでえぇーんよ。若大将やねんから♡

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*