岡村隆史の病気は統合失調症だったってホント?現在の病状は?


スポンサーリンク





ネタでも自分でも“ちっちゃいおっさん”として笑いを誘ったり、EXILEのお笑い版オカザイルやらいろんな楽しい話題を振りまいて来たナインティンナインの岡村隆史。なんか、最近まで病気を患ってたって聞いてビックリ!いったいどんな病気で、今はどうなんか、ちょっと気になって調べてみました!

岡村隆史ってどんなひと?

大阪市東淀川区出身、1970年7月3日生まれの現在46歳。大学1浪した後、立命館大学に入学するも、高校のサッカー部の1年後輩だった矢部浩之に誘われて吉本の養成所NSCへ入学したことで大学は中退。1990年に矢部と“ナインティンナイン”を結成、91年には吉本新喜劇オーディションに合格し、その後すぐに“天然素材”のメンバーとして東京へ進出を果たし、現在まで第一線で活躍をしてマス。

休養してたってホント?

2010年の6月から暫く芸能界をお休みして休養をしてたそうで、5か月間休業し、ゆっくりしてたみたい。休業直前に急激に仕事が忙しくなった岡村は、周囲も心配するほどふさぎ込んだり吐き気、頭痛、軽いパニック軟化の症状が出た事で休養したそうです。

当時不眠症に陥ってた岡村は、何か月も眠れない状況が続き、ラジオ番組では紹介するリスナーの歯が飢餓事前に決まっていたにも関わらず、軽いパニックを起こしてあまたが真っ白になったり、ファンにサインを求められて書き方を忘れてたり…果ては相方の矢部に財布の中を見sてお金が無いと相談したり。

休養中の当時を振り返って岡村は「当時は全く寝付けず、常にパニックだった」と語っており、イライラしたり、強い不安感に襲われたりと情緒不安定な自分に対し、仕事も辞めようと考えてたそうです。

真面目な性格が原因?

当時誰よりも早く岡村の状態に気が付いて病院に行った方がいいって勧めたのが大泉洋だったとか。また、同時期に相方の矢部も岡村の状況を心配し、仕事を休まない岡村をマネージャーに預けて病院に受診させたそうです。

ネットでは統合失調症やうつ病などと一緒に岡村の名前が検索されていることが多いんやけど、実ははっきりした病名を公表はしていない岡村さん。ワタシの勝手な見解では、多忙によるうつ病と軽いパニック障害やったんかな?ってカンジやけど、どうなんかな。2013年ごろの番組でうつ病とは話していたという噂も聞こえてるから、うつ病なんかな。それとも、やっぱりネットで噂になってる統合失調症なんかな…。

岡村さんの病状から、なんでも自分がやらなければ…、自分で何とかしなければ…、周りを笑わせなければ…、ということが多忙と重なり、コップ一杯の水だったのが溢れだしてしまった…そんな印象を受けます。


スポンサーリンク





後日、“絶対に笑わせな”という思いから“スベってもえぇねんや”って思えるようになったって言くてはるから、解放には向かってるやろうけど、ほどほどに休息を入れながら仕事せなね。いやいや、、人間、誰しも休んでもえぇねんで!それが当たり前のことやねんからね~(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*