芦田愛菜が難関私立中に複数合格!進学先は結局どこになのか?


スポンサーリンク





「マル・マル・モリ・モリ!」で鈴木福くんと一躍有名子役になった芦田愛菜ちゃん。最近テレビで見ないと思ったらスゴイ事を成し遂げてた!!って~コトで、ちょいとちぇ~っくしてみました。

芦田愛菜ってどんなひと?

兵庫県西宮市出身。2004年6月23日生まれの現在12歳。2007年の平成19年、3歳の時に子役として芸能界入りをし、2009年に放送された『ABC家族レッスンショートムービー2“だいぼうけんまま”』で子役としてデビューを果たしています。

超難関狙いだった?

テレビに出ないな~って思っていたら…子役の仕事を一時休養して偏差値70以上の私立中学受験をしてたらしく、複数で合格を果たしていたってうわさ!凄いよね。狙うんは誰でも出来るケド、日本の学校システムじゃ合格できるかどうかはホンマに難しい。しかも受かってるって言われてるんがツートップって言われてる学校らしい。って~コトで、ツートップってどこかチェックしてみたら、、
中高一貫教育のキリスト系“女子学院中学”(偏差値69)と、男女共学の慶應義塾中等部(偏差値71)に合格していたそうです。。一体どこにそんな時間があるんや!もしかして分身の術とか使って3人くらい芦田愛菜がおったんちゃうやろか(;´∀`)

塾に通ってた?

小学校では都内の公立に通い、3歳から子役の仕事をしてきた芦田愛菜ちゃん。テレビ史上最年少主役をこなしたりするほどの超人気者なだけに、勉強する時間って無さそうやけど…。実は小学校4年生の頃から“早稲田アカデミー”に入校。平日は画工が終わると1時間半ほどの授業を複数取ってひたすら勉強。土日は10時間以上は勉強したらしい…ひっ、、ひえぇぇぇ~!!10時間以上って睡眠時間が8時間と計算して残り16時間のうち食事時間や風呂などの当たり前の時間を3時間と考慮すると…1日の殆どが机に向かってるって計算やんねえ…スゴイ!凄すぎる~。。ワタシ、高校受験や大学受験の時でもそんなに机に向かってなかったでぇ(*_*; 単純に尊敬するわ!

受験に向けてひたすら勉強を頑張っていた時の支えになったのが王貞治の“努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない”ってゆー言葉だったらしいけど…すごいね。なんか既に勉強キライやったワタシとは別格の数段上の人生を歩んでるってかんじがする。。

4月からは少しずつ芸能活動に復帰?

4月7日からスタートの新番組『気づきの扉』でナレーションに挑戦するらしく、既に次の目標も定めており、中学校に入ると本格的な英語の授業があるということで、外国人と日常会話位はしゃべりたいって抱負を語ってるそうな。
もしかして、英語が喋れるようになるのを目標ってことは~将来はハリウッド女優とかめざしてるんかな?もし、ホンマにそ~なったら、、スゴイよね~♪


スポンサーリンク





翌日の4月8日には慶應義塾中等部のグレーの式典用制服を着て入学式に出席したそうで、中学校は慶応に通うことが判明!!慶応って女子は幼稚舎から上がる子は多いけど、中学受験~入ってくる子って50人ほどしか募集がされてないから、ホンマに難関。でも、晴れて中学生になった愛菜ちゃん、今後の芸能活動も楽しみやね!

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*