タモリがいつもサングラスの理由は病気で目を失明して義眼!?


スポンサーリンク





“昼の顔”と言えば笑っていいとものタモリさん!って~多くの世代の人が思ってる程スゴイ長寿番組の司会をしていたタモリさん。でも、なんでテレビに出てる時もずっとグラサンかけてるん?って思ってた人、いませんか?

ってことで、今回はタモさんのグラサンについてちぇ~っくしちゃいました♪

タモリさんってどんなひと?

福岡市出身、1945年8月22日生まれの現在71歳。ちょっと前だと完全に”おじーちゃん”扱いされてた年齢だけど、ホントに元気だしすご~いパワフルな70代やと思いませんか。ちょっと面白いやん!って思った経歴が、赤ちゃん時代に行われたコンテストで優勝した事があるって!ってか、タモリさんの赤ちゃん時代って想像つかんわ!!(;´∀`)

早稲田大学に在学中にジャズと出会い、トランペット演奏家を目指してモダン・ジャズ研究会に所属するも3日で演奏家をクビになり付き人に転向。その際に付けられたあだ名が”タモリ”だったそうです。

で、どーしてサングラスなの?

ってコトで一番知りたい理由ですが…タモリさんが小学校3年生の時、学校から家に帰る途中で電柱のワイヤーに顔をぶつけた事で、ワイヤーの結び目から飛び出していた針金状の物が右目に刺さって失明。これが原因で義眼となったそうです。

しかし、いきなりサングラスだったわけではない様で、当初は普通のメガネをかけていて、黒のアイパッチをつけてテレビに出ていた時期もありましたが、徐々にサングラスへと変わっていた様です。

このサングラス、実はある大物芸能人を怒らせてしまった事があるそうです。その大物芸能人というのが堺正章さん。先輩に芸を見てもらう時ぐらいはサングラスを外せと言われたそうです。…って、、後に事情を知った堺さん、ビックリしたんだろうな~。日本人って礼儀には特に厳しいし、昭和の時代を生きた芸能人は縦社会で揉まれて出世してる~的なトコありそうだしね。


スポンサーリンク





ってことでタモリさんがサングラスをテレビ出演時にもかけているのはそういった理由からなんですね~。でも、スゴイ精神だなと感じるのが、目が見えなくなった時の絶望感ってすさまじいものがあったと思うねん。そこをばねにして今の地位に登り詰めたタモリさんの人に対する精神的な部分を尊敬してしまいます。

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*