小日向文世は若い頃付き人をしていた?堺雅人に似てると噂も!


スポンサーリンク





と~っても優しそうな笑顔と、どこか頼りなげなオーラをまとっている小日向文世さん。本当にいろんなドラマや映画の脇役をこなされていますが、主役をも喰ってしまう存在感、ありますよね。

ってことで、本日も気になった芸能人のちぇ~っく!

小日向文世さんってどんなひと?

北海道出身、1954年1月23日生まれの現在63歳。えぇぇぇーーーーーっ!!!!60歳超えてたの???年齢不詳だよね。40代後半って言ってもそうだねってワタシ、言いそう(*_*;マジでビックリ!テレビって怖いわぁぁ~(って、そういう事じゃないか、)

デザイン専門学校を卒業後、22歳で中村雅俊さんの付き人として1年間働いた後、オンシアター自由劇場に入団した事が芸能界デビューのきっかけでした。その後、39歳で同じ劇団員の11歳年下女性と結婚し、41歳で長男を設けられています。
って~小日向さんが中村雅俊さんの付き人をしてたってビックリだけど、当時太陽にほえろに出演した後で、我ら青春、俺たちの勲章と立て続けに注目作に出演してた時だから相当付き人も大変だったんじゃない?

付き人~劇団員として

小日向さんの若い頃はあまり日の目を見る事が無く、自身はスポットライトを浴びたいと思い続けていたことから相当な葛藤もあったんじゃないかな?と思いますが、それでもあまり仕事が無くても奥様と仲良く凄し、結局劇団も閉鎖されるまでずっと所属していたそうです。なんでも、いまだに行ってきますのキスをするとかしないとか。
って~理想の夫婦だよね。60代になってもまだまだ夫婦としてしっかり愛情表現が出来るって羨ましい♡

そして念願の大ブレイク
小日向さんが47歳の時に転機が訪れます。出演作HEROで大ブレイク!それまで貯金も無く、事務所に前借りし、仕事が入ったら返済する様な生活を送っていたそうです。って~奥様、かなり小日向さんの事を信頼していたんでしょうね。いつか出世すると。愛!愛だよねぇぇ~♡

2000年以降は怒涛の仕事ラッシュ!映画は70作品以上、ドラマも単発を入れると100作以上!!!凄いの一言!映画、ドラマに加えて舞台、Webドラマ、PV、CMなど本当に引っ張りだこ。まさに遅咲きとはいえ快挙です。

そんな中、出演作のあの人に似ていると噂が!

2016年に放送されたNHK大河ドラマ『真田丸』で、共演した堺雅人さんに似ているとちょっとした噂に!って、そう言われてみれば似てるよね( *´艸`)
これ、実は脚本家、三谷幸喜さんがこのことに気付き、『新撰組』でバッティングさせたとか。って、三谷さんったら~おちゃめなんだからぁ~♪どうも堺さんも小日向さんもお互い似ていると思っている様子。


スポンサーリンク





そんな小日向さん、実は若い頃イケメンだと盛り上がっています。今の薄い頭(失礼!)からは想像つかないロン毛!どことなく神田川の世界に出てきそうな青年ではありますが、若い頃のお写真を見ていると堺雅人さんです。やっぱ、似てる!!って~事は、堺さん、あと数十年後は小日向さん!?

ブログランキングに登録しています。

今後の執筆の励みになりますので、↓ポチッとよろしくお願いいたします^^

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*